2010年05月28日

残間里江子さんが学長就任記念講演 大手町Newsカレッジ(産経新聞)

 来月開校する「大手町Newsカレッジ」の学長に就任した出版、映像、演出プロデューサーの残間里江子さんの学長就任記念講演会が24日、東京都千代田区の大手町サンケイプラザで開かれた。

 残間学長は、詰め掛けた約100人の受講者を前に「時代を読む感性を磨け」と題し、自らの経験とユーモアを交えながら約1時間にわたり講演した。

 「自分で動くこと、その中に熱き思いがあることが大切。行動することで感性の奥行きと幅を広げるしかない」と、知的好奇心旺盛な参加者にエールを送った。また「一人で感じ、一人で考えなければ最終的に感性は高まらない。一人きりになることに強くなってほしい」とアドバイスした。

 カレッジは、来月7日の千野境子産経新聞特別記者の「鳩山政権と同盟の行方」を皮切りに本格開校する。詳細はホームページ(大手町ニュースカレッジ」で検索)。

刺し傷、心臓まで=殺人事件と断定―新潟県警(時事通信)
沖縄県民の同意得られなければ総辞職を 渡辺氏(産経新聞)
<不同意堕胎>「勤務先から子宮収縮液入手」と供述(毎日新聞)
「岡本ホテル」 預託金数億円が使途不明 出資法違反容疑で捜索(産経新聞)
安全保障より体面、迷走の果てほぼ現行案(読売新聞)
posted by 魚尾君 at 03:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。