2010年03月27日

<阿久根市>市職労が庁舎敷地から退去へ(毎日新聞)

 鹿児島県阿久根市の市職員労働組合は26日、市庁舎敷地内の事務所から3月末で退去する方針を明らかにした。竹原信一市長は25日、4月1日からの事務所使用を「不許可」とし、退去を通告していた。

 市職労を支援する自治労県本部によると、「混乱を避ける」のが狙い。ただ、事務所使用の不許可処分の取り消しを求め提訴する方針は変えないという。

【関連ニュース】
阿久根市長:「大会出場禁止変更せよ」県立高校長に迫る
阿久根市長:司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に
阿久根市長:賃金未払い 地裁支部が市の口座差し押さえ
阿久根市長:「不信任出せ」議員を挑発 課長には答弁禁じ
阿久根市長:毎日新聞など5社を名指し批判 議会出席拒否

橋下知事「統一選で大阪府議会の定数削減問う」(読売新聞)
ドラッグストアの売上高、10年連続で増加(医療介護CBニュース)
<鳩山首相>生方氏更迭やむなし「議論は党の中で」(毎日新聞)
<囲碁>中部総本部を閉鎖 所属棋士5人が引退(毎日新聞)
<菅財務相>雇用対策を強調(毎日新聞)
posted by 魚尾君 at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財政再建目標、法案化も=中期フレームと同時並行で−菅財務相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は23日の参院財政金融委員会で「財政健全化の道筋を法律という形にして国会で議論してもらうのも一つの道だ」と述べ、中長期の財政再建目標の法案化を検討する考えを示した。先進国最悪の財政を健全化するためには、法案化による一層の取り組みが必要だとの認識を示したものだ。荒木清寛氏(公明)への答弁。
 法案化の具体的作業について、菅財務相は「中期財政フレームと並行して検討する」と表明。政府は6月までに財政規律のあり方を示す「中期財政フレーム」と「財政運営戦略」を策定する方針で、法案では同フレームなどに盛り込まれる見通しの国内総生産(GDP)に対する債務残高比率などの数値目標が明確化されるとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

土地所有者情報紛失 宮城・福島で計48万6000件に(河北新報)
離任式 岸壁から「先生、ありがとう」 岩手・大船渡(毎日新聞)
<鳥取不審死>上田容疑者を強盗殺人罪で追起訴(毎日新聞)
<訃報>畑中更予さん89歳=ソプラノ歌手(毎日新聞)
首相「私はアメリカ大好き人間」(産経新聞)
posted by 魚尾君 at 05:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。