2010年01月08日

<薬「輸入代行」>横行 ブローカー暗躍 「偽薬」届く例も(毎日新聞)

 インターネットで医薬品の輸入業者が“増殖”している。中には偽薬が届いたケースもあり、背後にはブローカーの影もちらつく。昨年11月、インフルエンザ治療薬「タミフル」の広告をネットに掲載したとして、大阪府警が薬事法違反(未承認医薬品の広告)の疑いで5業者を家宅捜索しており、厚生労働省も注意を呼びかけている。【渋江千春】

 ◇ブローカーの影

 業者は注文を受けると海外の薬局などへの発注を代行。消費者には直接、海外から薬が届く。薬代や送料のほか、数千円の手数料がかかる場合が多い。

 ただ、小規模業者が多く、実際の輸入代行業務をブローカーに任せる例も多い。あるブローカーは取材に「約20の代行業者と取引している」と話し、府警が捜索した業者も含まれているという。

 厚労相の輸入許可がないと未承認薬とみなされ、薬事法で販売や広告が禁じられている。しかし、がんや難病の患者が未承認の薬を試すなど、やむを得ない場合を想定し、個人輸入は規制外。これがネット業者増殖の背景になっている。

 ◇偽物届く例も

 届いた薬が偽物と分かった例もある。09年、インドから「タミフル」として発送された薬に有効成分のオセルタミビルが入ってなかったことが、米食品医薬品局(FDA)の調査で判明。また、勃起(ぼっき)不全治療薬「バイアグラ」を製造販売するファイザーなどが最近、輸入代行業者が扱う薬を調べたところ、6割が偽物だった。

 多くの業者は取材に「偽物は扱っていない」と話した。しかし、根拠は「海外の発送元が信頼できるから」などとあいまいだ。厚労省は「薬の真がんを個人が区別するのは不可能。副作用の危険があり、個人輸入は避けてほしい」と訴える。

 ◇いたちごっこ

 府警の捜索以降、多くの業者のサイトから「タミフル」「バイアグラ」などの文字や写真が消えた。しかし、サイト内検索で薬品名や価格が表示されたり、消費者とのやりとりをメールに限るなど、随所に摘発逃れの工夫がうかがえる。

 府警は捜索後、「輸入代行」の看板に隠れた違法販売や販売ルートの解明を進めている。捜査関係者は「『輸入代行』とは名ばかりで、実態は違法な販売の可能性もある。偽薬で健康被害が起きる懸念もあり、放置できない」と指摘している。【渋江千春】

【関連ニュース】
韓国:北朝鮮に新型インフル治療薬50万人分
韓国:新型インフルで北朝鮮支援へ タミフル提供など検討
タミフル:予防投与 12歳以下にも承認
新型インフル:タミフル耐性のウイルス確認 国内19例目
タミフル:承認受けずネット広告、家宅捜索 大阪府警

お買い得情報
My First JUGEM!
クレジットカード現金化 即日
現金化口コミ
競馬サイト
posted by 魚尾君 at 03:50| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。